馬尾や神経の手術をして頑張っているワンや飼い主さんたちの力になれれば思うので
術後の様子を正直に記載していきたいと思ってます。
ただし個人差があるので一概に参考にはなりませんが💦

(写真はランでの様子です)

DSC_0595.jpg
(えっさほっさ)

DSC_0591.jpg
(アハハ~)


私は手術が成功して、すぐ歩けたので、このまま日増しにドンドン良くなるものと思ってました。
でもそれは・・・ノエルの場合ですが違いました



15-10-10-8.jpg



術後3か月までは一進一退というより
停滞してるような、ナックルと足の滑りは術前より悪くなった気がしてなりませんでした。
しかし足カッくんの腰砕けは無くなり、おしっこの度その周りの毛が臭くなるのも減りました。
いづれ歩けなくなるのを阻止し、痛みも解消し、万々歳\(^o^)/なのに高望みしてしまう
私がいました。
ボルト固定のために一か月の安静もあったせいか、全身の筋力が落ちてしまい、
ヨボヨボという感じとなりました。
焦りと不安が交差してました。
DSC_0609.jpg

それが3か月過ぎたあたりから、やっと365歩のマーチになりました
三歩進んで二歩さがるけど、一応一歩前進してます
イヴままさんからも言われた言葉です。
3歩進んで4歩下がる日もあるけど、長い目で見れば進んでます。
神経は一筋縄ではいかないと痛感しました。

DSC_0629.jpg
(私は歩くよー!!)


15-10-10-9.jpg
(写真だといい感じでしょ)


3か月半の今の現状
 ・芝生とか土ではふらつくけど歩行できる。
 ・アスファルトでは歩けるが爪をすってる。サポートしないと危ない
 ・最初は血がよく出たが、少し足が上がってきたか?血が出るのが減る。
 ・靴がないほうが歩く。
 ・靴を履かせると歩くのを嫌がり、座りこみとか戻ろうとする。
 ・階段は一人で昇り降りはできない。サポートしてもかなりきつい。
 ・排泄は一人でできる。


DSC_0630.jpg
(力強いでしょ!!)


ブログでみるとかなり良くみえると思います。
いい所を載せているからなんですけど(笑)
こんな所で滑るの?とか・・滑って顔をうちつけるとかドキドキハラハラの時もあります。
昨日は凄く良かったのに今日はあれー?と落ち込んでしまう日もあります。
半年後は今より進歩してることを願うけど、そうでなくてもノエルと笑っていたいなと思ってます。
DSC_0583.jpg



15-10-10-10.jpg


15-10-10-11.jpg


15-10-10-12.jpg
(背が高い!!)

ワン達に心が和み、そのママさんやパパさんたちに励まされ、
いろんな人達に支えらているなと感謝でいっぱいです。
ありがとうございます。




手術して28日にたち、1ヶ月検診となりレントゲンと血液検査をしてきました。
ボルト3か所も安定してるし、血液検査もOKでした
退院後なんだかんだと毎週通院してましたが、やっと間があくようになるそうで
ホットしました


肉球の怪我もまだ血が出てるのでテーピングは必須ですが
だいぶ赤い部分が小さくなってきました。
後2週間くらいで完治だといいなーと思ってます。



この1ヶ月はエリザベスカラーを使用したり、安静第一なので2ワともゲージインだったり、
どちらかがフリー時はもう1ワンはゲージでしたが、私がついていられる間は2ワン共フリーにできる
ようになりました\(^o^)/
アデルは嬉しくて仕方ないようです


15-7-25-4.jpg
ノエルはほぼこんな感じで寝ていますが、アデルは側にいます。



15-7-25-2.jpg
『ノエル姉たん!!』


15-7-25-1.jpg
『うざいわー』かしら(笑)
ノエルもまんざらではないと思いますが・・・


15-7-25-3.jpg
こんな変哲もない日々がやっと戻ってきました


アデルにはだいぶ我慢させてしまったので、ランとかで遊ばせたいけど、
しかしこの暑さ💦せめて早朝とか夜がもう少し蒸し暑くなければいいのに・・・
秋が早く来てほしいなーと思ってます。
まだ始まったばかりの夏なんだけど(笑)

台風も去り梅雨明けもして、太陽がギラギラの夏真っ盛りとなりました。

退院後の我が家は怒涛の日々でした💦
メールやライン、お電話そしてコメントでの励ましありがとうございました。
とても嬉しく力をいただきました


術後2週間で抜糸を三分の一して、3週間後に全部とれました。
15-7-21-3.jpg
毛も生えてきました♪




最初はしょう液がたまり、ラクダのコブのようになりました。
2015-7-19-5.jpg

2015-7-19-6.jpg
(2枚ともたまった状態のものです)

抜いてもらい、ステロイドを服用することにより改善されました。


ゲージから出てる時は、すべって転ばないように側についてました。
紆余曲折はあるものの、足腰がしっかりしてきたような感じがします。
長いスパンが必要なのについ高望みをしてしまう私です💦


手術そのものは全幅の信頼をしてましたが、とにかく大変だったのが
後ろ左足肉球のパックリ怪我です。
術前のヨロヨロの時にぶつけたり、つまづいたりしてる間に付加がかかり、
退院前日に肉球がむけてしまいました。
足の着く所だから治りが悪くて、2週間くらいは血がすぐにじんできてしまいました。
2015-7-19-9.jpg
(これは今ノエルの肉球です。だいぶ肉がもりあがってきました)


包帯を巻かないと血が部屋中につくし、ばい菌も入ってしまいます。
トイレが完全に家ならまだしも、庭にも出さないとならず、雨も多かったので、
そのたび消毒をして巻くのが慣れるまで悪戦苦闘してました(笑)
3日に1回のペースで通院もしてました。


そんなこんなであまりアデルを見てないわけではないんですが・・・
耳掃除をしても耳が汚く痒そうで、目やにも普段でないのに目やにが出てるなと思ってたら、
あっというまに左目のまわりが禿げてしまいました。
身体も良く見たら1円玉くらいの赤い湿疹が背中の上部に3個あり、
尾の付け根に大きいのが1個あり、フケも出てました。
病院に連れて行くのに、少しガス抜きをしてからと遊ばせていたら、
興奮して仕切りジャバラの扉に右手の肉球をはさみ切ってしまいました。


もうショックでした(涙)
せめてアデルだけでも何でもないことが救いなのに・・・・
診断結果は膿皮症に肉球の怪我そして外耳炎
抗生剤&ステロイドが処方され、怪我のテーピングも自分でしなくてはいけなくなり、
ノエルと同じになりました。
2ワンとも薬とテーピングとエリザベスカラーが必須となり、多飲・多食・多尿となり、
2ワン共間に合わずお漏らしする事もありで、てんてこ舞いとなっていきました

2015-7-19-2.jpg

ムーンカラーだと届いてしまうので、ソフトエリザベスカラーのアデルです。
2015-7-19-7.jpg
とにかく元気はあるので、ゲージの中で暴れてます(笑)


おかげさまでアデルは全てが軽かったので今はテーピングもしてないし、
抗生剤は服用してますがステロイドは卒業となり楽になりました。
15-7-21-2.jpg
『トレイ中でち!恥ずかしいでちよ
アデルは庭に作ったトイレでしてくれます。
ノエルは庭がトイレです(笑)

15-7-21-1.jpg
左目のハゲもよくなりました!!



ノエルもアデルも元気にしてます
15-7-21-5.jpg
庭だけなく家のまわりも少しだけ歩くようになりました。


15-7-21-4.jpg
皆さん、ありがとうございます


私も日々心が軽くなってきました

一週間の入院で7月5日に退院してきました。

面会は禁止だったからさぞ再会を喜ぶかと思ったのに、
ノエルは病院から出ることに必死でした💦
出たら大喜びでしたが(笑)
それだけ辛くて寂しかったのかもしれませんね(涙)


家に着いたら、ふらつく足で外階段に行こうとしましたが、今日からは1階が住まいです。
困惑しつつも知ったる我が家ですから、見まわしてました(笑)
15-7-6-1.jpg



15-7-6-2.jpg
安心して寝てしました



15-7-6-3.jpg

第6・7錐体の黄色靱帯が厚くなり、椎間板も背中に飛び出して、
馬尾神経を圧迫してました。
圧迫を取り除きスクリューと骨セメントで3か所固定しました。

馬尾神経の束を少しでも傷つけると、と麻痺や不都合が生じるから
細かい作業となるそうです。


15-7-6-4.jpg
(16センチの傷跡)
ノエルは大きな手術を頑張ってくれました。

先生方にはとてもお世話になりました。
術中の動画を撮ってあるからお見せしましょうか?と言われましたが、
パソコンの映像だけで胸がつまってしまいました。


症状は細い抹消神経の束のどこが障害を受けるかによって認められる症状は様々らしいです。
3歳くらいから発症しますが、一般的には年をとってから出始めるから、その症状によっては
年齢のせいで違う病気として見逃されることが多いそうです。
そう言われて4か所目で分かったのも理解できました。


今は傷口を舐めないようにする事。
見てられない時はエリザベスカラーは必須だそうです。

退院の前日に肉球のパットがぱっくり切れてしまいました。
15-7-6-5.jpg
今は家で毎日消毒をして巻いてますが、ホームドクターにも2日おきに診てもらうことになりました。


こうなったのも、この3か月間ふらつく足で歩いて、爪をすったり&すべって足が広がったり
で肉球を傷つけてしまったようです(涙)
できるだけ芝生とか歩いたけど、酷使してしまったようです。



アデルとはゲージ越しでの再会となりました。
2ワンとも喜んでました
お互いの鼻をクンクンつけてました


この1か月間は安静にしてないとボルトが折れてしまうので
歩きまわらないようにゲージかサークルと言われてます。
15-7-6-8.jpg
ショボボーン・・・


見てられる限りはフリーしてます。
ノエルが室内フリーの時はアデルはゲージで、アデルが室内フリーの時はノエルが入ってます。


15-7-6-6.jpg
仕事の時はこうなります。


15-7-6-7.jpg
アデルのゲージの時間が長くなってますが、ノエルが帰ってきたことが嬉しいようです\(^o^)/


15-7-6-10.jpg
この姿にホットします。
家族一緒にいられるだけで幸せですね

まだ足は安定してませんが、術前よりしっかりした感じがします。
先生は1か月後を楽しみにしててくださいねと言ってくれたのが感動です。
痛みが解消されたようで本当に感謝してます。
皆様ご心配をかけました。



☆追記☆
とにもかくにもノエルが臭いですが(笑)
病院では食事以外はずーとエリザベスカラーを使用したようなので、
首まわりがプーン
こんなに匂ったのははじめてです
涎と蒸れての相乗効果でしょうか(-_-;)
看護師さんも拭いてくれたようですが、梅雨のせいかまじ酷いです。
シャンプーを薄めて固く絞ったタオルで何回か拭いてだいぶマシになりましたが、
まだまだで
白い毛が色素沈着してる部分(涎やけ)は切りました・・・
でもね・・・臭いノエルが愛しくて!!

シャンプー以外は解決方がないですよね?!






やっと解明し、光が射してきました
(写真は術前のものです)

それは・・・
3月の終わりから、後ろ足の膝カッくんがいきなり増え、お尻がついてしまう状態に
なり(*_*))びっくりして病院に連れていったのがはじまりでした。

15-6-30-2.jpg
(散歩を嫌がるので、庭を歩かせてますが、辛そうです。)


この3か月の間に3か所の病院にいき、診断結果はヘルニア又は股関節形成不全。
少しでも痛みを解消するためにステロイド剤を使用したり、痛みどめ(リマダイル)を服用しました。
体重も減らして、筋肉を落とさないように歩ける時は支えながらも歩かせましたが
埒も明かないので、針・灸を視野にホモキトシコロジーを試みてました。
それでも悪化していきました(涙)


15-6-30-3.jpg


どうみても歩けなくなる方向しか見えないので、ホームドクターに何故?と詰め寄る私に
股関節とか神経に特化した先生を紹介してくれました。
その病院はアビこと母さんも良いと太鼓判の病院でした。


大学病院や専門病院に最初から行かなかったのは・・・
今年の2月にガンセンターでメラノーマの拡大除去手術をしてるし、「
手術をしなければどうにもらないもの以外は、ノエルは7歳半なので高度治療の選択はせず、
手元に置きたいと思っていたのです。
まして高齢犬の股関節形成不全やヘルニアから生じる痛みは、
皆さんコントロールして上手につきあっているからです。
ノエルもその所見だったので、全身麻酔をしてMRIで確認をする必要はないと思ったからでした。


だけどあまりにもなので所見に疑問がわき、
27日土曜日に予約とり診てもらいました。

歩きかた、触診段階で『馬尾症候群』と言われました
レントゲンをとり確定しました。
(今までの病院もレントゲンとってますが・・・)

MRIとCTも撮りました。


手術をしないといづれ立てなくなり歩けなくなること。
そして排尿も排便も垂れ流しなるのも時間の問題であること。
歩けなくなってから、手術をしても歩くのは難しくなるとのこと。
何より、神経が圧迫されてるから痛みは極限であること。


ノエルに申し訳なくて、崩れてしまいそうでした。
先生に月単位で悪くなったでしょうと言われ全くその通りでした。
ここ最近は日増しでした。


MRIの画像をみて、先生はもともと腰骨の神経の末端が細いのが原因だと。
若い頃は神経の出っ張りが出てなかったが、沢山動いて走りまわったことで、
年とともに、そこが押され痛みとシビレが発症したものと言われ、
今までのことが全て納得できました。

CTの画像からは股関節も膝関節も綺麗だそうです。
悪さは神経でした。


一日も早い方がいいので翌日の28日曜日のオペとなりました。

おかげさまで無事にすみましたm(__)m

ノエルの正式病名は
『変性性腰仙椎狭窄症』です。

背骨を切り、椎の6番と7番目の神経の圧迫をとり、椎体の固定にボルトを3か所止めました。


退院までは会うことがでませんが、手術の翌日には歩いたそうです\(^o^)/
術後の痛みは辛いですよねと先生に聞いたら、今までの方が痛いんですよ、
と言われ又落ち込んでしまいました
でも日々の痛みから解消されるのかと思うと本当に嬉しいです

ノエルは本当に我慢強い子です。
痛くて悲鳴をあげて倒れたのは一回だけでした。
確かに大好きなソファーに乗らなくなったり、歩きたがらなかったけど、
足はヨロヨロでも普通にしてました。
この三か月、必死だったけど全てが空回りで、痛い思いをさせてしまいました。
四か所目の病院で救われました。
少しでも疑問に思ったら即その分野に特化した病院に行かなければいけないと
身にしみた私でした。
リハビリは大変かもしれませんが、今まで通りの生活ができると思うので頑張ります。

激動の2日間でした。
気弱になった私を支えてくれたワン友達に感謝でいっぱいです。
ありがとう
トントン拍子で展開をしたので、心配してくれた方々に連絡できずにゴメンナサイ。
ノエルの様子をアップしていきますので、アデルも(笑)
応援してください。



15-6-30-1.jpg
私は強い子!!完治したら走るよ♪


15-6-30-4.jpg
いっぱい遊びたいでち~よろしくでち!!









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。