26日日曜日父ちゃんと母ちゃんに連れられて、東大キャンパスに行ってきたよ。
広くて緑も多く気持ちがいいの。母ちゃんは涙ぐみながら笑っているの。

私は会ったことのないバニのシエル兄の話を聞いたの。
2007年12月26日にシエル兄(もうすぐ11ヶ月)が東大病院で、
虹の橋の向こうに旅立っていったんだって。それから母ちゃんは来たいけど、来れなかったらしい。
ここは、父ちゃんと母ちゃんにとって、忘れられないほどいろんな思いが交差する場所で大切らしい。
「生きる為の場所」だそうだ。

9-4-27-1.jpg

シエル兄はここで1ヶ月病を戦ったんだ。母ちゃん達は毎日ここへ来てたんだって。
そして毎日シエル兄の面会にこの待ち合い室に。

9-4-27-2.jpg

平日はここにいっぱいの犬や猫さんが来てるんだって。皆ホームドクターから紹介状を持ってきている
重症な子たちばかり。最高医療とうたわれ、最後のとりでなんだとと思うと胸がえぐられるようで…
でも元気になって、自宅に帰っていく子には、勇気がもらえるだって

シエル兄は全身麻酔を伴う二回の検査と手術の日以外は毎日散歩を母ちゃんとしたんだって。
雨が降ったり、体調の悪い時は弥生キャンパスを軽くまわり、あとは本郷キャンパスまで、
おやつと大好きなササミをもってゆっくり歩くんだって☆

私も歩いてみたよ

9-4-27-4.jpg

シエル兄の時は真黄色のいちょうの葉のジュータンが一面だったんだって。

9-4-27-5.jpg

赤門9-4-27-6.jpg

9-4-27-7.jpg

安田講堂

9-4-27-8.jpg

ここでよく一休みしたんだって

9-4-27-9.jpg

ここは手術の前日の24日も家族皆でイブのお祝いと手術の成功を願ってシエル兄を囲んだ場所。
シエル兄は25日手術を。翌26日旅だって行ってしまった…
シエル兄が元気に家族と過ごした最期の場所なのと母ちゃんが言う。

今日はノエルとシエルと散歩できて良かったでした。病気のときのシエルの写真がないんです。
ぜったい治るものと、治すという気持ちでいたからなのかないのです。でもノエルとまわり再び心に
シエルがやきつきました。


シエルの元気な時の写真はあるけど、何故かパソコンにあまり画像が残ってませんでした数少ない一枚です。

元気な時のシエル
シエル
7ヶ月半20キロ細いけど、元気です。

9-4-27-10.jpg
ノエル、兄の分まで、家族と一緒にいてください。それだけが願いです。


シエルの病気について書きたいとおもいます。三ヶ月に渡り病と闘ってくれました。


体の変調は、突然きました。とにかくタンを吐き出そうと一晩中苦しみました。
うつらうつら寝たと思えば15~20分間隔で苦しみだしました。とても辛そうで、側でさする私が怖くなるほどでした。
私は翌日タンをもって病院に行きます。風邪と診断され薬を持って家に帰ります。
薬を飲んでも、少しはよくなるも、変わらず、いてもたってもいられず、二日後にまた同じ病院にいきます。三泊四日の入院となりました。先生は最初は、ケンネルコフと言ってましたが、肺炎の治療に切り替え、いろいろなデータを基に治療をしてくださり、退院となりました。

ところが退院して戻ったその夜からよだれが流れでてきて、タンを吐き出す為に又もがき苦しみはじめました。
何かが違う、シエルの体はただ事ではないと、助けてください。と他の病院に行きました。
そこの先生は重症な肺炎とはっきり言いました。そして応急処置をしてもらい、今までの治療内容のデーターを診てもらいました。そこで入院となったのですが、その日のうちに前の先生の所の方が、経過観察があるぶん良いとの事で、戻って入院となりました。そこで三週間の入院生活となりました。あらゆる角度から、いろいろな抗生剤を屈指しての治療でした。でもどうしてあの時セカンドオピニオンや、思いきって病院をかえられなかったのか?最近まで自責していました。

通院、三泊四日と三週間の入院を経て、元気になって家に戻ってきました。薬の服用はまだ必要でもうれしくてうれしくて、たまらなかったでした。

だがそんな日も三週間しかもたなかったのでした。

東大病院の入院となりました。
先生は肺炎で治らなくてここに来る子も一週間から10日で退院してるからとおしゃってくれました。でも三日後には強い薬も効かないから、全身麻酔で、肺に管をいれ、細菌の採取をして、薬を特定しなければならないと。東大と二つの専門機関で培養となった。そして治療がまた再開しました。今までと同様長時間点滴です。

しかし治りません。相変わらず肺が白いのです。又全身麻酔で肺に管を入れ、培養検査とCT検査をしました。結果は驚く事にもう肺の中には、菌がないのです。ではなぜ?シエルはその時生きながら肺の一部が腐っていたのでした。東大で初めての症例となりました。

そのままにすれば、肺が腐り続け機能せず…、もしくは腐ってる膿が肺を破り血管にいき…
生きる為には、一刻も早く肺の腐った部分を切り取ること。それしかなかったのでした。それはリスクが高いものでした。成功しても、長生きはできません。運動もできません。散歩もほんの少し。何もできなくても静かに家で暮らせる事を願いました。その為にシエルは手術を受けました。
手術は一応上手くいったそうですが、翌日他界をしました。

これでよかったのか、今でもわかりません。
(生きる為の手術だったのはまちがいありませんが・・・)
手術をしなければどのくらい生きていられたのか?
苦しみ続けていたのか・・・考えると今も頭がへんになりそうです。


シエルありがとう
我が家にきてくれてありがとう

病院の先生がた、友達、ブログで知り合い励ましてくれた方々、本当にありがとうございました。

今までシエルの遺骨は私達の側においてありました・・
ノエルと東大に行き、又ブログに記したことにより、やっとシエルの遺骨をお寺に納めることができます。
お寺の方に自分の気持ちが納得するまで、手元に置いてていいと言われてて、そうしてましたが、もう大丈夫です。ありがとうございました。


































旅立ち

お庭っていいねー

comment iconコメント ( 14 )

そんなつらい思い出があったのですね。
ずっと一緒にいられないことは最初からわかってはいるものの、やっぱり辛いですよね。

こはるがくる前の週にお向かいのセントバーナードのドンちゃんが亡くなりなした。ピレネーののび太はしばらくドンを探して元気がなかったそうです。
今日コテツの散歩から帰ってきた時、のび太と飼い主さんにお会いしたのですが、ようやくのび太も元気になってきてイタズラをするようになったと目を細めていました。 そうやって少しずつ元気になっていくのでしょう。

新しく迎えるコは決して亡くなったコの代わりではないけれど、でもノエルみたいな明るい元気なコが来て良かったですね。ノエルと楽しい思い出をたくさん作ってください。

名前: コテツおかん [Edit] 2009-04-28 00:20

ステップアップ

やっとシエル君のお顔が見られました♪
可愛くて、賢そうなお顔!
今はとっても幸せにご家族を見守っていますね~

ノエルちゃんと思い出の場所を回れて、シエル君のことを語れるようになって、ママさん本当に良かったね!
シエル君も喜んでる。

そして、たぶんノエルちゃんが一番喜んでいるかも。
ノエルちゃんに対する愛情がまた一段とアップしたでしょう?
私もそうでしたよ~
そしてこちらの気持ちが伝わるのかどうか、
くるみの態度も全然変わったのよ。
それまで以上にきちんと甘えてくるようになったの。
ノエルちゃんはどうですか?

名前: もぐ [Edit] 2009-04-28 00:51

いつも そばにいるよ

ノエちゃん 東大キャンパスお散歩できて良かったね。
シェ兄ちゃんを感じることは出来たかな?

当時 ママさんがなんか元気ないなと思ったら シェ兄ちゃんが病気だと知りました。
毎日 病院通いをして ママさんが体を壊してしまうのではないかと皆、心配していました。
病状を詳しく知りたいものの聞くのも恐くて・・・
今回 様子を読ませてもらい その時のママさんの気持ちを考えると泣いてしまいました。

ノエちゃん あなたは天使ですよ。
シェ兄ちゃんが旅立ったあと 舞い降りた天使です。
パパさん ママさん お姉ちゃん達をいっぱい愛してあげてね。

きっと シエ兄ちゃんも もっとそばにいたかった分
いっぱいいっぱい パパさん ママさん お姉ちゃん達 そしてノエちゃんのこともお空から 見守っていると思います。

名前: Lee [Edit] 2009-04-28 09:50

コテツおかんさんへ

先日先生からドンちゃんが亡くなったと聞いてびっくりしたんです。
梅子ちゃんのブログにF4ならぬB4でドンちゃんでてたので、驚きました。命は限りあるだけど、辛いですね。のび太が元気になってきて良かったです。

ノエルは女の子なのにガテン系に見えるのは私だけ?でも妙に繊細な所もあるんです(笑)



名前: シエ&ノエママ [Edit] 2009-04-28 10:44

もぐさんへ

もぐさんお世話になりました。ありがとうございます。
時間はかかったけど、次への階段にすすめました。

ノエルが一番ホットしてるかも(笑)不思議ですよね~何にも知らないはずなのに、もしかしたら全ておみとうしだったりして?
ノエル今迄より甘えるようになりました。

名前: シエ&ノエママ [Edit] 2009-04-28 12:58

Leeさんへ

あの頃の私の頭はシエルでいっぱいで、皆さんに心ない態度だったのでは…と思い反省してます。

Leeさんのコメ読んで泣いてしまいました。ありがとうございます。
私もシエルもノエルも、Leeさんはじめ皆さんに出会えて幸せです。

名前: シエ&ノエママ [Edit] 2009-04-28 13:23

シエルちゃん

私の携帯に小さい頃のシエルちゃんの画像があります
初めて会った時はまだ小さくてコロコロとかわいく
まさかこんなに早く虹の橋に行ってしまうなんて・・・
あの頃は本当に大変でしたね 話を聞く事しかできなくて・・
改めてあの時の様子をブログで読んで涙しました
ブログに書いた事で区切りが付き 納骨する気持ちになったのですね
形は無くなってしまうけどシエルちゃんの姿はみんなの心の中にちゃんと居ます
シエルちゃんの事は忘れないからね

名前: みく [Edit] 2009-04-29 01:59

みくさんへ

あの時の事が走馬灯ようにでてきます。いっぱい聞いてもらったし、
助けてもらいました。ありがとう

こうしてシエルの事やノエルの事を心の中だけじゃなく記せるのも、みくさんのおかげです。気持ちの整理がついたから本当にうれしいの。ありがとう。

今日納骨してきました。明日にでも記載しようかなと思ってます。骨がないのはやはりさびしいですが、安堵の気持ちです。

お世話になりました。これからもよろしくお願いします。

名前: シエ&ノエママ [Edit] 2009-04-29 19:05

シエルちゃんのこと、本当に辛かったよね‥。
あの頃は話を聞いてあげることしか出来なくて‥。

私も中学生の時、大好きだった愛犬(柴犬)を肺炎で亡くしたことがあるので、シエ&ノエママさんの悲しい気持ち、とてもよく分かります。
でも、どうしても避けられない運命ってあるよね。

改めてブログを読ませてもらって、ママさん達家族は本当に本当に愛して、大事にしてあげたんだな~って、涙が溢れて止まりませんでした。

本当に残念だったけど、シエルちゃんもきっと満足して旅立ったと思います。

だからこれからはノエルちゃんが、シエ兄ちゃんの分まで、元気イッパイで過ごしてね~。

あ~、でも女の子だから生キズには気をつけてよ~(^^;)

名前: ちゃんぽん娘 [Edit] 2009-04-29 20:50

ちゃんぽん娘さんへ

あの時は自分の事、自分の気持ちが全てで、利己主義だったと思うの。ごめんなさい。皆のおかげで、乗りきれたと感じます。

シエルを自宅で、看取りたかったんです。ちゃんぽん娘さんは、愛犬を自分の腕の中で看取られたんですよね…羨ましいです。愛犬は愛に包まれ旅立ちできましたね。

真の愛情って…、真の優しさって何んだろう?考える時があります。シエルやノエルのようにまっすぐな気持ちで過ごしたいと考えてます。

いつもありがとう。これかもよろしくお願いします。

名前: シエ&ノエママ [Edit] 2009-04-29 22:23

やっとお邪魔しました。
シエルちゃん、なんて美男子なんでしょう!
会えて嬉しいです。

何度も読ませていただき、たくさん涙がでました。
ここまでお書きになるの、お辛かったと思います。
でも。。。書かれたことで、ひとつ大きな区切りができましたね。
ママさんが、シエルちゃんのことを想い、ノエルちゃんと一緒に歩かれたこと、
こうして大きく前に進もうとなさってること、
シエルちゃん、とても喜んでると思います。
シエルちゃんが頑張ってくれたことを書き残してくださって、
皆もシエルちゃんの頑張りを、改めて知ることができました。
シエルちゃん、本当に頑張った。偉かったです。

ママさんのことが心配で、シエルちゃんも傍にいたかっったと思う。
だから、ママさんが「もう大丈夫」というお気持ちになられるまで、
シエルちゃん、居てくれたんですね。

東大、きっとシエルちゃん、一緒に廻ってましたよ。
そっと見守ってくれたと思うんです。
そして、ノエルちゃんにいろいろ教えてくれて。。。
ママさんを頼むね!って囁いたと気がします。

どんなに手を尽くされても、きっとこれでよかったの?って想いはあると思います。
私も今でもあります。
大切な、大切な家族ですもの。これでよかったってことはないですもん。
後悔は尽きないけど、後ろばかり見てしまう気持ちを乗り越えて、
今、しっかり受け止めて前を向かれたママさんが頼もしく感じますよ。
シエルちゃんも、そんなママさんを自慢してるに違いありません。
もちろん、ノエルちゃんもね♪

名前: ポンママ♪ [Edit] 2009-05-06 11:48

ポンママさんへ

コメントを読んで又涙してしまいました。でもその涙は悲しみや悔いの涙でなく感謝の涙です。支えてくださりありがとうございました。これもりゅう君やシエルの計らいがあったからかもしれません。ポンママさんと出会えてシエルもノエルも私も幸せです。

私はシエルが亡くなってから、いつも心の中に私の家にさえ来なければシエルは違う犬生があって、こんな短命ではなかったのでは?と考えて、凄く罪の意識にさいなまされる事がありました。そんな自暴自棄な気持ちを和らげてくださったのが、ポンママさん達の暖かいコメントでした。

前に進みますね。これからもよろしくお願いします。


名前: シエ&ノエママ [Edit] 2009-05-06 19:06

古い記事にコメント

東大高度医療センター前をどこかの帰りに通りましたそして犬の肺炎を本で読んだりネットで調べたけどやはり肺の一部が腐るといい症例や若い犬がかかるのはなかった。かかりやすい犬ではないのも確かでしたねあまりにも早い別れにさぞかし辛かっただろうと思う家の先代は約11年生きたけど…バニの短命に驚かされる。シェル兄バニ君家のゴール爺さんと楽しく過ごしてるだろうか?君の残した絆は今可愛い妹が引きずいているよ

名前: 帰蝶 [Edit] 2010-11-15 04:58

帰蝶さんへ

古い記事を読んでくださってありがとうございました。
今でも涙がでるけど、こうして帰蝶さんが、シエルを思ってくれた事が
嬉しくて涙がでます。

シエルはほんと奇病でした。
どう頑張っても助からなかったと思います。
生まれながらして短命だって今は思ってます。
高度医療をやめて家にいさせてあげれば良かったのかな?という思いが
今もありますが、とにか前を向いて歩いていきたい思ってます。

バニやゴルは短命だけど、ゴール君は頑張ったし、幸せだと思います。
シエルはきっとゴ―ル君にこの世ではできなかったことをいろいろ
教えてもらっていると思います。
そして絆はノエルがひきづいていると言ってくださり、嬉しいです。
その言葉をかみしめて頑張りたいと思います。
ありがとうございました。

名前: シエ&ノエママ [Edit] 2010-11-15 11:46

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)