ことちゃんに会える♪抱っこするぞー!!ルンルンだった火曜日の朝に
それがおきました

右手に傘を持ち左手にアデルのリードをもって、のんびり朝散歩ポーと歩いてました。
アデルはノエルの小さい頃と違い、基本引っ張らずに横について歩いてくれるので
油断をしていました。

そんな霧雨の中、猫が私達の前方右にむかって、猛ダッシュ
アデルが爆走して追いかけてしまいました。
慌てて両手でリードをもったものの、右側にあったフェンスに右肩をこすりながら引きずられ、
その支柱に右半身背中をぶつけてから、うつぶせの大の字で倒れてしまいました(恥)
傘は二つに折れて、リードもはなしてしまいました。
14-5-30-10_R.jpg

アデルは私の重みがなくなったからか、離れた所で振り返りこちらを不思議そうに見てました。
『アデルーー来い!!殺気だった声に恐怖を覚えたのか?
戻ってきて、お座りをしました。
『何で転がっているんでちか?』てな感じで顔をのぞかれてしまいました。

痛くて情けなくて泣きたいのに、いい年のおばさんがうつぶせの大の字!!可笑しくて
笑ってしまいました。

服はドロドロ、右こめかみはたんこぶができ、顔や手から血が出ていて
悲壮感丸出しで帰ってきたそうです。←娘曰く

緊張してたせいか、右手はあまり動かないものの痛みは我慢ができました。
左手は動くし足も動くので、ことちゃんに会いに行きました。
抱っこしたかったのに、撫でるくらいしかできなくて残念だったけど、
元気に遊ぶ姿が見れて良かったでした。
14-5-30-11_R.jpg


夕方なると肩と肋骨の痛みがまし、手の動きも全然よくならないので診てもらいました。
幸い肩や肋骨は折れてなく、ひびもありませんでした。
右肩のすじの損傷と右半身の打撲でした。

大型犬の飼い主が避けて通れないのか?よく怪我の話をききますよね。
骨折とか脳震盪からみれば軽傷なんですが・・・
武勇伝とも言いますね(笑)

ノエルとの武勇伝は2歳くらいまでは度々ありました。
転んで腰を打ったり、擦り傷とか・・・
その中で一番ひどかったのは6年前の5月2日、ノエルが6ヶ月の時でした。

玄関で大興奮したノエルはホップスッテプジャンプをしました。
リードをもったままの私は足をとられて倒れて、右目の横をドアノブにぶつけて
たんこぶになるわ、血は噴き出るわで、病院へ行きました。
縫うほどではなかったけど、毛細血管が集まってる目のまわりは血がでるそうです。
病院につくまでに右目のまわりがみるみる青アザとなっていきました。
真っ黒の大きいサングラスをしてもはみ出るアザでした。
辛かったでした
どこからどうみてもそれはDVにしか見えませんでしたね(笑)


14-5-30-1_R.jpg
今さら言わなくても・・・・パピーの頃は元気なんだもの~!!byノエル

ごもっともです by母


私は今は良犬よ♪アデルは修行中だけどね(笑)
14-5-30-12_R.jpg
長女と2ワン!


何と今回もそうなってしまいました。
当日と翌日はほとんどわからなかったのに、
3日目からは殴られた顔になりました
痛みは肩と肋骨だったのですが、時間の経過と共に体のあちこちが・・
そして右目のまわりと、背中に大きなアザが(号泣)

アデルには洗礼を受けないと思っていたんだけど、やはり避けられませんでした。
気の緩みが原因なんでしょうね。
バニってほんと力がありますね!!
これからは神経を集中して散歩をします。

いつになったらお洒落してしゃなりと歩けるのでしょうね(笑)

14-5-30-2_R.jpg
『アデルは悪くないでち!!』

14-5-29-10_R.jpg
『猫さんみると興奮するでちよ♪』
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。