前記事で心配をおかけしてしまったようですm(__)m
ノエルはすこぶる元気ですアデルもです


4足歩行のワンが自力で歩けなくなると、どうしても下半身の筋肉が落ちて
細くなるだけでなく、機能も徐々に衰えてしまうのは仕方のないことなんですね。
いろんな失態や経験をふまえ、膀胱炎や便秘の対処法や
メカニズム?が分かり最近上手にお付き合いができるようになりました。
そのおかげで粗相が減り、快適になってきました。


2017-3-13-2.jpg
『歩いてます~楽しいよ♪』


いかに筋肉を使用して神経に働きかけるか、つまり運動が大切なのか、
私の身体で感じてます。
子供の頃は当たり前のように運動をしてました。
20代30代となると運動をする機会がなくなり、少しはテニスやスキーはしたものの
これといった事はしないで、50代に突入(笑)
衰えを感じてしかたなかったのが、マジ運動で変わるのです
だからノエルにもさせたくて
車椅子でも運動にはなるのですが・・・
前足はOKです。後ろ足は少しはしていることになりますが、
自力とは比べものにはならないので。

後ろ足は陸では難しいので、水の中なら浮力があり動かせます。
以前は自力で歩くためにプールに通ってましたが、
これからは温泉につかった感じで、ゆっくり筋肉を動かせたらいいなと思います。
しかしパパさんは反対のようです・・・
たぶん獣医師に咽頭麻痺があるからプールは×と言われたからです。
全ての判断と責任を私が担うので、再開できればと・・・・
でも問題はいくつかあり、施設側の了承もその一つとなってます。


2017-3-13-3.jpg
(後ろ姿の左がノエル・右がアデル・・アデルは前のめり(笑)友達ワンとの触れ合いは散歩の醍醐味です )


このような散歩がずーとできますようにそのためにも・・・
運動の代わりとなり、手っ取り早いのがマッサージかなと思うので頑張りたいと思います。

変なタイトルです💦


16-3-1-1.jpg
『うふふ~もちろん私は悩んでないわ』 byノエル
頭抱えて寝ています
16-3-1-2.jpg



そう悩んでいるのは私です。整理したくて記事にしてます。


ノエルにもシエルにも、病気になった時は積極的な治療をしてきました。
でも11か月で旅たったシエルにはそれで良かったのか分かりません。
何が何でも助けるという気持ちが強くて・・シエルは大学病院で亡くなりました。
家で旅立ちができなかった事と、たとえもっと短命でも家で過ごし、一緒に過ごす
選択をしなかった事が今もしこりで残っています



おかげさまでノエルは7歳の誕生日までは大きな病気もなく、旅行やお出かけやランなど一緒に沢山
遊ぶ事ができました
誕生日を過ぎた途端にメラノーマになりレーザーでとり、そのあとガンセンターで拡大除去手術を受け
順調に回復をしてくれました
遊びかたは変わったけど、ランに行ったり旅行にも行けましたが・・・
そのあと後ろ足が上手く歩けなくなり、7歳7か月で馬尾の手術をしたのが、去年の6月の終わり。
去年の10月くらいまでは自力で歩けていたのに、12月には自力歩行どころか立つこともできなくなってしまいました。
でもご存じのとおりハーネスをつければ、支えれば今の所は歩けます。
16-3-1-6.jpg



16-3-1-7.jpg




手術が成功してるのに歩けなくなるのは・・・
オペしてくれた先生の診たては
①脊髄に腫瘍ができた・・・今の診断ではわからないが
②馬尾は完治したが、体が動かなくなっていく難病かもしれない。この時点では判明できないが
③第7と第6椎間にボルトを入れたが、第5椎間に支障が出始めか・・

3種のケースが考えられるがMRIを撮らないと分からないし、今すぐにはっきりするとは限らないと言われました。
先生的には体が大きくて重い分負担がかかり③ではとの事。



私が見ても歩けないだけで元気なので③かなと思いましたが、
今ここで③の完治のために又外科的治療(手術)をしたら、ノエルは完全に寝たきりなるとしか
思われないので、痛みがあるなら薬でとりながら、リハビリで体力温存と自力歩行を目標として、
ハイドロセラピーを選びました。

16-3-1-4.jpg




16-3-1-3.jpg




16-3-1-5.jpg
プールをした後は後ろ足が違うので通ってました。



回数を重ねていくうちに、プールを指導してくれる理学療法士からノエルの息が上がる様子は
年齢的なものや体力が落ちてそうなっているものとは違うように思う。
安全のために循環器専門の先生の受診を勧められました。

実は馬尾手術の後、少し動くと息が荒くなるので凄く気になってました。
ホームドクターの診たてはメラノーマに馬尾と続き体力も筋力も落ちてるから
だろうと・・・寝たきりの人が運動しているようなものに近いでしょうとのこと。
確かに以前の動きと比べれば10分の1くらいなので私もそう思いました。


循環器の先生の診たては・・
心電図、エコーにレントゲンに、動脈での採血に静脈での採血でのデーターを総合して・・・
心配していたメラノーマによる肺への転移もなく心臓も異常はありませでした\(^o^)/
しかし咽頭麻痺の可能性を示唆されました。

咽頭麻痺は手術しか治る道がなく、症例数も多くなく、難しい手術とのこと。
手術しても完全に治るとはいいきれず、結果が伴わいこともあるらしい。
大学病院か専門病院への紹介になりますとのこと。

リハビリは中止でとにかく静かにしてる事が突発死を防げる
つまり安静第一をすすめられました。
となると歩けなくなり床ずれとの戦いですか?と
聞いてしまいました。
先生は動かなければ大型犬はそうなります。とのこと
だから先生は咽頭麻痺の手術をして上手くいったら呼吸の安定確保できるので
リハビリができるとのこと。
しかし咽頭麻痺を治しても違う部位に出たり、足腰の麻痺が進むこともある。
その後のことは・・・・
末梢神経が侵されているために、馬尾が成功しても歩けないのはそのせいではないかと言われました。
つまりは・・・


ノエルは今年の11月で9歳です。
バニは7歳の壁とか8歳の壁とかよく耳にします。
確かにその年齢で旅だったお友達ワンは悲しいけど結構います。
もっと若い頃に旅立ったワン達もいます。
それを考えるとノエルが違うガンなどを発症してもおかしくないのです。

現在はハーネスつければ何とか歩けるし、ランにも公園にも旅行にも連れて行ってます
必死について行くとアピールします。
息が上がれば休ませ、疲れれば伏せたりしながら、ノエルなりに過ごしてます。
アデルとは一緒に行動できなくても、待機が多くても家族の一員として一緒に行動してます。
食欲もあります。

16-3-1-8.jpg
ノエル姉が大好きなアデル


今までは積極的な治療をしてきましたが、今回は手術しないで自然にまかせてみようかと・・・(悩みますが)
いづれは寝たきりになるのも覚悟しました。
今を一緒に楽しみ、この先が短くなったとしても、又遊ばせた事で突発死を招いたとしても、
一緒に過ごせる時間を優先しようと家族で考えました。

そして私自身ならどうしたいかも考えてみました。
完治しないのなら手術は時間と体力が失われるので、
動ける状態の今を楽しみ、突発死を避けるための寝たきりの安静第一よりも、
動ける範囲で楽しみたいかなと・・・
でもノエルはどう思っているのかは分かりません。


16-3-1-20.jpg
このような日が長く続きますように
(ランにて)

咽頭麻痺からくる四肢麻痺や馬尾や末梢神経についての関連を知りたいので、
大学病院での受診は考えてます。









3連休最後の日、みどちゃん家の麿呂ちゃん・らいらちゃんのお散歩に、
アデルと共に参加させてもらいました。



16-1-11-10.jpg
麿呂ちゃんは素敵な出会いをしました
そう足の補助です!!


16-1-11-11.jpg
尾尻がピン
快適に楽しく足を動かしながら歩いてます。


らいらちゃん
16-1-11-12.jpg



そしてアデル
16-1-11-13.jpg



16-1-11-14.jpg



16-1-11-15.jpg



16-1-11-16.jpg



ノエルも連れてきたかったけど、今のノエルは私もパパも歩かせるのに必死で、
ゆっくり車椅子を見させてもらうことも、話を聞くのも難しいので、留守番をしてもらいました。




三連休の初日はハイドロセラピー3回目に行ってきました。
リハビリ室の前では帰ろうと嫌がってましたが・・・
16-1-11-1.jpg
笑顔を見せて水中トレッドミルをしてくれました。

この日はみどちゃんが来てくださり応援団が増えてより頑張ってました。


16-1-11-2.jpg



16-1-11-3.jpg
休憩を2回入れて泳ぎますが3回目は付加をかけるためにライジャケをとって泳いでみました。
最後の方は疲れてきたのか沈みそうでした💦



中日ははドッグランに行ってきました。
アデルは爆走したり、ワンプロして弾けてました。
16-1-11-4.jpg


16-1-11-5.jpg


16-1-11-6.jpg
リョウマ君と遊んでました♪


ノエルは頑張って歩いてくれました。
16-1-11-7.jpg


16-1-11-8.jpg
麻痺が進んだ為に10日間で新品の靴もボロボロになってしまいます。
それだけ擦って歩いてる証拠です(涙)


16-1-11-9.jpg
足の位置と甲がちゃんとできれば自力で立つことができるように回復しました。
先は長いけど頑張ります。

麿呂ちゃんもノエルも目がキラキラです。
私が頑張らなければいけませんね。


ノエルは今月の28日で術後6ヶ月になります。
いい時や悪い時がありながらも徐々によくなっていくと思ってましたが、
ここ最近かなり調子が悪くなってしまい心配の日々でした。

そこでリハビリプールに通うことにしました。
イブイブの今日試しに行ってみました。

15-12-23-1.jpg
お出かけで最初は笑ってましたが・・・


15-12-23-2.jpg
ここは病院なんで不安な顔をしてます。


15-12-23-3.jpg
理学療法士の先生は優しいのでノエルもリラックスしてます。


15-12-23-4.jpg
足の様子と計測。
かなり筋肉が落ちてるし、足の内側もかなり固まっていました。



水中トレッドミル
15--12-23-5.jpg

水の中ではほとんどナックルしないで歩いてます(涙)
頑張って足を動かしてました。
休みをいれて2回おこないました。


その次はプールです。
15-12-23-6.jpg


15-12-23-7.jpg



15-12-23-8.jpg



15-12-23-9.jpg


後ろ足を動かして泳いでくれました\(^o^)/

通うのに片道2時間かかりますが頑張ります。
リハビリ料金はそれなりなので、高速を使わず下道でいきます(笑)ケチな私アハハ~
これでノエルがハーネスなしで歩けるようになったら嬉しいなー




先日みどちゃん家にワンコのマッサージの勉強に行ってきました
ノエルを連れて行くのがベストなんですが、今回はワン達は留守番で
私一人で!!
ワンコ談義でおしゃべり三昧してきました(笑)
もちろん真面目に講習も受けました


モデルはみどちゃん家の麿呂君にらいら君
15-11-14-1.jpg




15-11-14-2.jpg



先生はみどちゃんのお友達のシュガー母さんです。
いろいろありがとうございました。


講習は約1時間半近くでしょうか・・・麿呂っちもらいらっちも頑張ってくれました。
写真を撮るのも忘れてしまいました。
おばちゃんの相手をしてくれてありがとうね
みどちゃん家でランチをご馳走になりました\(^o^)/
マグロのづけ丼とトン汁美味しかったです
お世話になりましたm(__)m


慣れるまでは冊子を見ながらスキンシップの延長でノエル達の身体をほぐしてあげたいなと思います。
15-11-14-3.jpg


ノエルように後ろ足をカバーしていると前足の付け根をはじめ、首や肩こりが激しいようです。
それにアデルのように顔がデカイと肩がこるものね(笑)
腰痛も緩和させたいし、老化にストレスに耳・目・皮膚トラブルの予防に役立てたいと思ってます。


15-11-14-4.jpg
ママさん期待してるよ!!


15-11-14-5.jpg
そんなに顔が大きいでちかね?